三色牛乳寒天デザートと季節外れの菱餅風デザートをつくってみました **寒天とゼラチンの違いも**

三色牛乳寒天デザート

三色牛乳寒天デザートを作りました。
使ったのは、こちらのゼリーの素
『しあわせの4色かんてん』です。
熱湯でゼリーの素を溶かすだけで
簡単に寒天ゼリーを作ることができます

熱湯だけで作ると透明感のある寒天ゼリーになります。
今回は、牛乳も入れて牛乳寒天ゼリーにしました。

イチゴ(桃色)、ホワイト、メロン(緑色)、パイン(黄色)の
4色ありますが、パイン以外の3色で三層にしました。


★綺麗に作るポイント★

混ぜると↓このように↓泡がたちます。
泡だった寒天ゼリーの素(イチゴ)
泡が型に入ると仕上がりが美しくないので
 泡が入らないように型に入れましょう
 私は大きいスプーンで泡をよけて注ぎました。

綺麗な層を作るには
 一層目(今回は緑色)がやや固まりかけたかな?くらいの
 タイミングで、二層目(今回はホワイト)を流し入れます。
 一層目が固まっていないと、二層目を流し入れた時に
  一層目と二層目が混ざってしまいます。
 一層目が完全に固まってから二層目を流し入れてしまうと
  層と層がはがれやすくなってしまいます。


『しあわせの4色かんてん』を買った本当の目的は
雛祭りに菱餅風デザートを作りたかったから

結局、雛祭りはバタバタしちゃって作れなかったけど
今回、カップのデザートと一緒に作りました

菱餅風牛乳寒天デザート

牛乳寒天の色が淡いから、白の器だとボヤボヤ
濃い色の器にすれば良かった・・・

寒天とゼラチンの違い
寒天は、0kcal
海藻が原料なので水溶性の食物繊維が含まれる
肥満解消・便秘解消などの特徴がある
90~100℃で煮溶かさないと綺麗に溶けない
40℃以下の常温で固まる
歯切れがよく、なめらかな食感



ゼラチンは、1gあたり3.6kcal
動物性のタンパク質が原料なのでコラーゲンが含まれる
美肌効果・神経痛改善などの特徴がある
40~50℃以上で溶ける
10℃以下の冷蔵庫で固める
口どけがよく、柔らかくプルンとした食感



最後までお付き合いありがとうございます。
ついでに下のバナーをポチリと押してくださると嬉しいです!