FC2ブログ

スティックおにぎり作りにマスキングテープを使ってみよう **おにぎりとおむすびの雑学も**

貼ってはがせるマスキングテープ
いろんな柄があって、見ているだけでも
楽しい気分になりますよね

そんなマスキングテープ
スティックおにぎり作りに使ってみました

stickonigiri.jpg
【スティックおにぎり


stickonigiri2.jpg
 
まず、好きな具でスティックおにぎりを作ります。
両端をクルクルと巻いておきます。

クルクル巻いただけでは、すぐにほどけてきてしまうので
本来なら、ここでワイヤーのカラーモールやリボンを使って
両端をとめますが、今回はマスキングテープを使います!
通常よく見る太さのマスキングテープではなく
細めのマスキングテープを使います。
通常の太さのマスキングテープを細く切ってもOK!

stickonigiri3.jpg 
長さはお好みですが、大体4~5cmくらいに切って
スティックおにぎりのクルクル部分に
マスキングテープの中央を合わせて少しだけ巻きつけます。
右のテープと左のテープが出合ったら
テープの粘着部分を隠すよう折ります。

stickonigiri4.jpg
右を折って・・・

stickonigiri5.jpg
左も折って・・・

stickonigiri.jpg
長すぎるラップの端を切って完成!
たくさん作ってお弁当や持ち寄りパーティーに
いかがでしょう?

マスキングテープは紙なので、子どもでも簡単に扱えます。
折った部分を引っ張るだけで開けることができます。

モールだと開かない方向にクルクルしてしまってイライラ、
リボンだと変なところを引っ張ってしまって開かない
という可能性がありますが、
マスキングテープだと、そんな失敗はありません。

マスキングテープでスティックおにぎり作り
ぜひ試してみてくださいね

1987年に石川県鹿島郡鹿西町(現在の中能登町)で
約2000年前の弥生時代のおにぎりの化石が発見!
発見されたおにぎりの化石は、今と変わらず三角形でした。

鹿西の「ろく(6)」と毎月18日の「米食の日」から
6月18日は「おにぎりの日」になりました。

1月17日は「おむすびの日」です。
1月17日といえば、阪神・淡路大震災が起こった日です。
ボランティアの炊き出しで被災者が手にしたのが
おむすび」だったそうです。
ボランティアの方々の善意を忘れないよう
公募で多かった1月17日が「おむすびの日」と制定されました。

おにぎりの化石の形が、現在と変わらないって
すごいですよね!


最後までお付き合いありがとうございます。
ついでに下のバナーをポチリと押してくださると嬉しいです!