プラダンでつくる

プラダンでハンカチを下から引き出す収納ボックスをつくろう **ハンカチの雑学も**

今回は、引き抜きタイプの収納ボックスをつくります。

夫のハンカチ類は収納スペースの都合上
目線より高い位置に収納しています。
下側から取りやすく
洗い終わったハンカチ収納しやすい形を考えた結果
美容室で見かけるタオル収納のような
引き抜きタイプになりました。

puradan-hikinukibox2.jpg
完成形はこちら

まず、手持ちのハンカチの一番大きいサイズを測ります。
高さを決めるため、ハンカチを重ねて長さを測ります。
(引き抜き板の上の長さ)
手を入れやすく、引き抜きやすい高さも決めます。
(引き抜き板の下の長さ)

puradan-hikinukibox1.jpg
プラダンには筋目がありますが
ハンカチを引き抜いた時にボックスが折り曲がらないように
筋目が縦になるよう線をひき、カットします。

プラダンの筋目が邪魔して
サイズ通りにカットするのが難しい場合は
カットしやすい場所に合わせて
少し大きめにサイズ設定します。

引き抜き板は、本体に差し込んで固定する部分と
ハンカチを引き抜く穴もカットします。

本体には、引き抜き板を差し込む穴も忘れずにカットします。

puradan-hikinukibox3.jpg
下から見た図

OPPテープを貼り付けて固定します。
引き抜き板は差し込んでいるだけです。

puradan-hikinukibox4.jpg
引き抜き板の穴からハンカチを引き出します。

puradan-hikinukibox5.jpg
洗ったハンカチを上に置きます。
ハンカチを引き出します。
エンドレス......

ハンカチの雑学
ハンカチの起源は古代エジプト文明までさかのぼります。

中世ヨーロッパでは、現在のような正方形だけでなく
長方形や卵型など、さまざまな形が存在していたそうです。

さまざまな形のハンカチを正方形に統一した人は
フランス国王ルイ16世の王妃、マリー・アントワネット。
正方形のハンカチを愛用していた彼女が、国王に
『国中のハンカチをすべて正方形に』という法令を出させたため
現在のハンカチが正方形になっているといわれています。

11月3日は、ハンカチーフの日。
マリー・アントワネットの誕生日の11月2日から
近い祝日であるということが由来となっています。


最後までお付き合いありがとうございます。
ついでに下のバナーをポチリと押してくださると嬉しいです!

プラダンで収納ボックスをつくろう **OPPテープとセロハンテープの違いも**

今回、子供たちのティッシュやハンカチ、ミニタオルを入れる
蓋つき収納ボックスを作りました。

puradan-dougu.jpg
【必要な道具】
プラダン、カッティングマット、カッター、カッター定規、OPPテープ
筆記用具(写真に入れ忘れました

カッター定規とは、カッター刃が当たる部分に金属加工してある定規のことです。
OPPテープは、梱包用テープとしてよく使われています。

puradan-box1.jpg
作りたいサイズを決めて、プラダンに線をひきます。
私は鉛筆でひきました。
上が、ボックス部分。
下が、蓋。(蓋は開閉がしやすいよう、開閉側だけ少し長めにカットしています)

カッターでプラダンを切って、OPPテープで貼り付けます。

puradan-box2.jpg
ティッシュとハンドタオルを入れました。
ハンドタオルが増えるかも?と思い、少しスペースを空けています。

puradan-box3.jpg
蓋をすれば、埃からガード!カラフルな色の目隠しにもなります。
部屋をモノトーンに統一している方とかにおすすめです。
開閉側の角は、はさみで丸くカットしました。

OPPテープセロハンテープ
私は大きさが違うだけで同じものだと思っていましたが
調べてみると以下の違いがありました。

OPPテープ
OPP(Oriented Poly Propylene)
Oriented:延伸させる
縦横に延伸されたポリプロピレン材にアクリル系の接着剤を塗布したテープ

メリット:粘着力が強い、透明度が高い、耐水性・耐湿性に優れている
デメリット:引っ張って伸ばしているので、伸縮性がない


セロハンテープ
紙と同じ原料の木くず(チップ)から作られている
粘着剤は天然ゴムと樹脂などから作られている
天然素材のテープ

メリット:手軽に使える、天然素材のため自然に還るのが早い
デメリット:黄ばみや接着剤の乾燥により、長期使用には向かない

--------------------------------------------------------
用途に合わせて使いわけると良さそうですね!


最後までお付き合いありがとうございます。
ついでに下のバナーをポチリと押してくださると嬉しいです!

プラダンについて  **カット方法と曲げ方も**

プラダン】とは、プラスチックのダンボールのことです。
私は100均のセリアで購入しました。
他にもホームセンターで取り扱いがあります。

大きさや強度もさまざまです。
セリアではサイズは一種類しか選べないので、
大きいサイズが必要な方はホームセンターで購入するといいでしょう。

セリアで購入できるプラダンはまずまずの強度です。
私が調べたところ、ホームセンターに激安のプラダンがありましたが、
強度があまりなさそうでした。
購入時には、激安につられず強度も気を付けて見てみてください。

プラダンで作るメリット
大がかりな工具などを使わない(簡単!)
自分の好きなサイズで作ることができる

デメリット
既製品に比べて強度はない


【カット方法について】
puradan-sujime.jpg 
プラダンの筋目(写真の赤線部分)に沿ってカットするか
筋目に対して垂直にカットするか。

筋目に対して垂直にカットする場合は、硬いので少し力が必要です。

【曲げ方について】

筋目に沿って曲げる場合

筋目と筋目の間の上側だけをカットすれば
簡単に折り曲げることができます。

カットした側に曲げるか、逆に曲げるかで
仕上がりが変わります。

puradan-cut1.jpg 
筋目に対して垂直に曲げる場合

写真のように2本の切れ目を入れます。

(うっかり下までカットしてしまったらテープで修正すれば良し)

puradan-cut2.jpg 
切れ目と切れ目の間をカットします。


puradan-cut3.jpg
綺麗に折り曲げることができます。


最後までお付き合いありがとうございます。
ついでに下のバナーをポチリと押してくださると嬉しいです!